とうとう本当に Google Code の Web アクセスが出来なくなりました

まだ Subversion クライアントではアクセスできるようですが
ダンプファイルを ZIP で固めてくれないかなという淡い期待はダメだったようです
alpha 版のソースと履歴は本家に見捨てられているようなので
リポジトリの複製を GitHub か BitBucket に作成しようと思います
エクスポートツールが用意されていますが何故か上手く動かないので
エクスポートツールがうまく動くようになるのを待っていましたが
手動で行います

(今回は都合によりクライアントは 64bitWin7 で作業しています)

Google Code は Subversion
GitHub, BitBucket は Mercurial (もしくは Git)
なので TortoiseSVN と TortoiseHg をインストールしました(コマンドラインツールも使う)
ローカルに SVN リポジトリを作成し Mercurial に変換しそれを同期させる戦略です

http://www.asahi-net.or.jp/~iu9m-tcym/svndoc/svn_svnsync.html
http://chocolapod.sakura.ne.jp/blog/entry/77
http://tracpath.com/bootcamp/learning_repository_ikou_to.html

Windows 独特のはまりどころとして
リポジトリを例えば D:\tmptmp\test に作ったとすると
D: に移動した後
svnsync sync file:///tmptmp/test
であって
svnsync sync file://D:\tmptmp\test
ではダメみたいです
あとインストーラーはコマンドラインツールのパスを通してはくれていません
自分で
path = %path%;”C:\Program Files\TortoiseSVN\bin”
のようにパスを追加する必要があります

d:\tmptmp>svnadmin create test
d:\tmptmp>svnsync init file:///tmptmp/test http://makehuman.googlecode.com/svn
d:\tmptmp>svnsync sync file:///tmptmp/test

ここまではうまく行ったのだけどコンバートが出来ないorz
誰か助けて….
↓はうまく出来ませんでした

http://os0x.hatenablog.com/entry/20090608/1244445830

~\Mercurial.ini

[extensions]
hgext.convert=
を追記
hg convert -s svn http://makehuman.googlecode.com/svn/trunk makehuman

Makehuman 1.0Alpha7 の今後

現行版に欲しい機能が統合されるのがもっとも望ましいのでしょうけど,ポーズの問題はSL/OpenSIM固有の問題ですし,それ以外の用途にとっては現行版のポーズのほうが良いのは確かなので現行版にSL/OpenSIMのための機能が追加されることは考えにくいかなと思っています.

そのまま使い続ければいいではないか,というのもあるけれど環境によってはインストールがしづらいなどの問題もあるので.

フォークするというのも検討に値すると思います

  1. 現行機能のままバグフィックス
  2. 新しいOSへの対応
  3. FittedMeshへの対応

今すぐには出来ない*のですが,いずれできればいいかなと思っています.
とりあえずローカルにはリポジトリの複製を作ったので,
一緒にやろうと言う方が居られましたら是非連絡してください.

*なぜ出来ないかというと,Pythonの勉強をしながらなのです(今は読める程度)

Makehuman 1.0Alpha7 の有利なところ

先ほど Alpha7 が入手しにくくなるかもしれないと書きましたが
そもそも何が有利なのかを説明していませんでしたので説明しておきます.

https://code.google.com/archive/p/makehuman/downloads から Windows でしたら makehuman-1.0a7-win32.exe をダウンロードします.

インストーラー形式ですので(念の為ウイルスチェックをした後)インストールします, Windows7 でしたら通常通りスタートメニューに Makehuman という項目ができているはずなので起動します.

いきなり性別不明の中性的な人体モデルが表示されますが, そのまま
Files > Export > Format = Collada (dae)と選び,出てきた
Options で [v]Rotate 90 X, [v]Rotate 90 Z,●meter, ●Use second_life だけ変更すればOK
([v]Rotate 90 X, [v]Rotate 90 Z, [v]Eyebrows, [v]Eyelashes, [ ]Helper geometry, ○decimeter, ●meter, ○inch, ○centimeter, ○Use game rig, ○Use rigid rig, ●Use second_life rig, ○Use simple rig, ○Use xonotic rig)* 続きを読む

Makehuman 1.0Alpha7 について

Makehuman は現行版(1.02)が正式版として公開されていますが

残念なことに SL / OpenSIM 用のアバターを作る機能としては後退してしまっています

ポーズが変更されておりそのポーズは SL / OpenSIM の初期ポーズとしては使えないポーズになっています

オープンソースなので自分の気に入った版を使えば良いと油断していましたが

悪いことに Makehuman のリポジトリは閉鎖の決まっている Google Code を使っていたことにより(現行版は移行しているものの) SL/OpenSIM 用には便利な Alpha7 以前が今後本家からは配布されない事態になりそうな予感なのです

とりあえずアーカイブはされてるようなので
https://code.google.com/archive/p/makehuman/downloads
ここからはダウンロードできるようですが, これもいつまでなのかどうかわからないのが現状です

GPL+CC0ですので再配布は可能なわけですが
どうしたものか考えているところだったりします

Ubuntu 14.04 LTS で Makehuman 1.0 alpha 7 を試す

長いこと下書きのまま放置していた記事なのですでに情報が古い可能性があります

ubuntu14.04 LTS
には
Makehuman の
alpha6
が収録されています

alpha7 を使うには
makehuman-1.0a7-python27-amd64.deb
https://code.google.com/p/makehuman/
http://archive.makehuman.org/releases/alpha7/
libglew1.5_1.5.2-0ubuntu1_amd64.deb
http://packages.ubuntu.com/ja/lucid/amd64/libglew1.5/download

1.0.2 を使うには
makehuman-1.0.2_all.deb
python-opengl (3.0.2-1,automatic)
python-qt4-gl (4.10.4+dfsg-1ubuntu1,automatic)
freeglut3 (2.8.1-1,automatic)

Ubuntu 12.04 LTS で Makehuman 1.0 alpha 7 を試す

長いこと下書きのまま放置していた記事なのですでに情報が古いです

http://www.makehuman.org/content/download_alpha_7.html
ここから .deb のパッケージをダウンロードしてインストールした
blender や OpenSIM/Secondlife ビューアのように展開しただけではダメのよう